発掘!あるある大事典IIの放送を見ながら、メモした放送内容を放送日に公開しています♪健康・美容・ダイエットに興味がある方に。
人間!これでいいのだ(ぴーかん)もメモ始めました⇒人間!これでいいのだ・ぴーかんバディメモ
   

皮膚の再生医療
資料請求は無料!
■このサイトの使い方マニュアル
あるある大事典の放送内容を
もっとよく知る方法


あなたのあるあるマニア度は
Today   Yestaday 
トップ(カテゴリ一覧)へ
携帯版へ
カテゴリ
最新記事
検索
■サイト内で探す
アイテムを探す
■ストアミックスで探す
■ビッターズで探す
■楽天市場で探す
楽天市場
■amazonで探す

Amazon.co.jpアソシエイト
人気ランキングで探す
PROFILE
OTHERS
 
発掘あるある大事典の放送内容メモブログです。
※「あるある」を見た知識から管理人がおすすめと思うアイテムを紹介♪
※本サイトの無断転載・無断複製を禁じます。

■人間!これでいいのだ・ぴーかんもメモ始めました⇒人間!これでいいのだ・ぴーかんバディメモ
■テレビや新聞など注目のメディアで紹介された話題の商品をチェック!速報!TV・新聞掲載商品 !
あるある以外のTV番組アイテムも紹介!
■このサイトの使い方マニュアル書いて見ました♪
あるある大事典の放送内容をもっとよく知る方法
■スキンケアやアンチエイジングなどの、美容ネタはこちら。
潤う★アンチエイジング♪みつけるきせき
■携帯版は
携帯版 あるある大事典メモ

■2006年の放送内容一覧はこちらでチェック
2006年あるある放送内容
<< 2週間でお尻のたるみが消える?! オバサン体型克服法2/あるある大事典 | main | すぐわかる身体の危険度シリーズ第一弾「うつ」/あるある大事典 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
第二回あるある脳力テスト/あるある大事典
簡単な手拍子や軽いステップがうまくできない人は、身体の運動を制御する小脳に問題が起きている場合がある。リズム感で脳の弱点が分かる「第2回あるある脳力テスト」を実施。リズム感を取り戻す方法などを交えて送る。
簡単な手拍子や軽いステップがうまくできない人は、身体の運動を制御する小脳に問題が起きている場合がある。リズム感で脳の弱点が分かる「第2回あるある脳力テスト」を実施。リズム感を取り戻す方法などを交えて送る。

★脳力テスト:あなたのリズム感はどれだけ衰えているか?★

まずはこの三つのリズムを覚えます。
【リズムA】4拍子を二回叩きます 12341234
【リズムB】四拍目だけを休みます 123/123/
【リズムC】二拍目だけを休みます 1/341/34
ABCの順で2回たたきます。
12341234123/123/1/341/34 12341234123/123/1/341/34
⇒1度でも間違えた場合はリズム感が崩れている場合があり。
★リズム感★

無意識な運動を続けられるか、規則的な動きをするか、体を制御することができるか、これがリズム感で調べられるのです。
リズム感が悪いというのは、小脳、自律神経の動きに問題があるということです…
このリズム感が悪くなると、そのうち全ての動きに障害が起きるかも…。
★脳力テスト:369★

4拍子で数を数えていきます。
■12⇒手を叩くだけ
■34⇒たたきながら数を数える
「・・12」「・・34」と順につなげていきます。(※・は手を叩くだけ)
二人でやる場合は、1「・・12」2「・・34」1「・・56」2「・・78」…となるわけです。
ここで、末尾が3,6,9のときは、手をたたかないようにします。
これで60まで数えてみます。
★リズム感でわかる脳の危険★

リズムテストできなかった人は小脳の機能が低下している可能性があり。
運動動作の強弱や、停止動作など、制御機能をつかさどるのが小脳。これの小脳の働きが低下しているのです。
やわらかい物を食べようとして箸で握りつぶしていたり、良く食べ物を落とす、つまづく、エスカレーターにうまくのれない、そんな症状がある人は、小脳梗塞の前触れかもしれません!
★脳力テスト:スキップ・なわとび★

体を動かすスキップ・なわとびがうまくできますか…
スキップの時に、手足の動きがおかしい…こんな時は、小脳の運動再現機能が衰えている可能性が。
小脳の障害は40代からでも発生します。
運動不足が続き、小脳が萎縮すると神経回路が衰えていくんです。
スキップ・なわとび・ボウリングなど、やった事がある運動をまたトライしましょう。
子供時代の遊びやスポーツなどをすることで運動機能を呼び戻し、小脳が健康になります。
★脳力テスト:自律神経★

時計を見ないで、時間を数えるこれだけです。
あなたの感覚だけで30秒を測ってみて下さい。
時間間隔は、脈拍のリズムをもとに計っているので、正しく数えられるのが当たり前。
ずれが大ければ大きいほど、自律神経に乱れが!
時間間隔の乱れは、病気の始まりです。
運動したり、寝てもいないのに時間間隔がずれているひとは、自律神経のバランスがおかしいのです。
★自律神経の乱れ★

時間間隔が正しい人は音の刺激に反応し、脈拍がそれに習うように変化します。
ただ、時間間隔が正しくない人は脈拍が刺激に反応しません。
体力を蓄え、からだの状態をリセットする「副交感神経」。
これが交感神経過多で、良く働いていないのです。
★副交感神経の働き改善法★

秒針の音にあわせて五秒息をはいたら、五秒息を吸う。
これをするだけです。リラックスした状態でやるのがポイント。
だんだん、副交感神経が働き出します。
☆インドの凄いヨガ☆

インドで話題となっている不思議なヨガのアイテム。
ヨガが終わった後、ネティポットといわれる「金属製のジョウロ」を使って鼻を洗浄します。
前かがみにすわりちょっと顔をななめにし、鼻にじょうろをさし…ぬるま湯または塩水をながしこみます。
鼻の老廃物を流すので、ヨガの呼吸法がきちんとできたり、体の免疫が強くなるそうです。
楽天ブックス☆ヨガの本
amazon☆ヨガの本
| あるあるメモ【暮らし1】 | 23:22 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:22 | - | - |
 
あるある書籍
あるあるダイエットブック〈2〉
あるあるダイエットブック〈2〉 (JUGEMレビュー »)
あるあるダイエットブック制作委員会
あるある書籍